【悲報】note記事が公開後たった1日で強制削除(停止)になった話 | さときんblog

【悲報】note記事が公開後たった1日で強制削除(停止)になった話

note記事,強制削除 ブログ運営
さときん
さときん

お母さーん!

涙が止まりません。だって、何時間もかけて一生懸命まとめたnote記事が公開後 たった1日で強制削除(停止) になってしまったんですから

しかも同時に、過去のnote記事も複数(4記事くらい)公開停止 に。もう笑って下さい。

さときん
さときん

なぜたった1日で削除されないといけなかったのか・・・・。

数日が経ち、ブログ記事に一部始終をまとめられる頃には、何となく理由がわかってきたのですが、結論として言えることはただ1つ!

情報発信をしたいならnoteはやめておこう。危険!

さときん
さときん

やはり 独自ドメイン を取って WordPress(ワードプレス)でブログを構築していくのがベストです。

そこで本日は、公開後たった1日で私の記事がなぜ削除されないといけなかったのか?(過去記事まで公開停止)その全容を解説します。

副業としてせどりを取り組み、『 これからnoteでも書いてみようかな?』と考えている人は、書き始める前にぜひ読んでおいて下さい。

なお、この記事を読むと、あくまでも私の体験談がベースですが、次のことがわかります。

  • 有料記事だから基準が厳しいの?
  • 削除されたデータはどうなる?
  • 売上金は没収されるの?

そして、Twitterで励ましてくれた皆様、ここに感謝を申し上げます。

それでは、いってみよう!

note記事が公開後たった1日で強制削除(停止)になった理由

私は基本、ブログに下書きしそれをnoteにコピーし公開していたので、たとえnote記事が強制削除されても原本は残ります。

だから助かりました。バックアップを取っていなかったらと思うと、ゾッとしますね。

そして、バックアップがあれば強制削除となるきっかけを作った記事内容も検証できるので、まずは 冒頭部分だけ でも読んでみて下さい。

ブックオフの店頭では370円以上で売られているのにブックオフオンラインだと200円で購入できる『おとく巻』リスト5選 | さときん | Brain
さときんです^^『この漫画の〇〇巻以上はなかなか単Cコーナーに落ちてないな~。』『〇〇巻~〇〇巻さえ低価格で購入できたら利益商品になるのに!』『何でこのタイトルは単Cコーナーに落ちていないんだろ~。』セット本せどりをしていると、そんな風に感じたことはないですか?いや、必ずあるはず

どうでしょう。私の記事のどこがまずかったと感じます?タイトルでしょうか?それとも内容でしょうか?せどりだから?有料だから?

さときん
さときん

・・・・・・・・。

強制削除となった原因探し は混迷を極めましたが、公開停止となった過去記事もあわせて検証した結果、私はある結論に至りました。

それを今から順番に解説します。

強制削除になった記事の題名

強制削除のきっかけを作った 記事の題名 は以下ですが、同時に強制的に公開停止された記事の題名も見て下さい。

削除のきっかけを作った記事の題名

  • ブックオフの店頭では370円以上で売られているのにブックオフオンラインだと200円で購入できる『おとく巻』リスト5選

わざわざ削除や停止させるぐらいなので、note側がNGにすべき理由が絶対に隠されているはずなのです。ある意味、宝の山 です。

公開停止にされた過去記事の題名

  • 【Googleアドセンス】広告設置4か月で3万円/月を稼いだキーワードの選定方法
  • メルカリだからこそ利益商品になったセット本のタイトルまとめ 【非公開あり】
  • セット本せどりで月々3万円の副収入を継続的に稼ぐ方法
さときん
さときん

どうでしょう?何か感じるところはありませんか?

正直、誰でも書いている内容だと思うのですが・・・・。あれば教えて欲しいです。

公開停止にならなかった記事の題名

では次に、note側がチェックしても削除されなかった記事の題名もみて下さい(たった3記事しか残っていませんが)

  • セット本せどり初心者は【大口出品vs小口出品】おすすめはどっち?
  • サイトマップ
  • セット本せどりで稼ぐために超重要な『仕入れ&かかり巻リスト』100選!

あまり差を感じられないのですが、きっと理由があるはずです。1記事だけならまだしも 4記事にペナルティー なわけですから。

有料と無料で違いはあるの?

次に、私のnote記事は有料のものと無料のものに分かれていたので、そこに何か違いがあるのかもしれないと考えたのですが、結果的には

  • 有料記事は 4/5 でペナルティー
  • 無料記事は2つでペナルティー『0

やはり、あなたが記事を 有料にするなら要注意 ですね(笑)。ただ、有料の記事でも公開停止になっていないものもあるんですよ。

それが次の記事ですが、公開停止とはならず生き残ることができた原因はどこにあるのでしょうか?

参考記事 ⋙ https://note.com/satokin01/n/nb65a381845ff

さときん
さときん

ますます混迷を深めるでしょ?
何がダメで、何がOKなのか

そこで次に私は、ブログやYouTubeでも非常に大事な部分でもある『 アイキャッチ 』に注目してみました。記事の顔になる部分です。

アイキャッチも比べてみよう!

さときん
さときん

削除(公開停止)された記事のアイキャッチ!

ブックオフオンライン,在庫
キーワード選定
メルカリ,本せどり
セット本せどり
よくもまあこんな出来でUPしたなという感じですね(笑)
さときん
さときん
では、生き残った記事 のアイキャッチ!
amazon,小口
note,サイトマップ
かかり巻

並べて比べてみても、両方 シンプル過ぎるアイキャッチ ですので、今回はアイキャッチの表現が規律違反ではないでしょうね。

いったい原因はどこにあるのでしょう?私はやはり 記事の題名が重要 だと結論付けました。

強制削除(公開停止)になってしまう理由

では、私の見解をさらに詳しくお伝えしましょう。私見ですが参考にどうぞ。

さときん
さときん

黒文字 がポイントでした!

まずは、削除(停止)になった記事をもう一度

  • ブックオフ の店頭では 370円 以上で売られているのに ブックオフオンライン だと200円で購入できる『おとく巻』リスト5選
  • Googleアドセンス】広告設置4か月で 3万円/月を稼いだ キーワードの選定方法
  • メルカリ だからこそ 利益商品 になったセット本のタイトルまとめ 【非公開 あり】
  • セット本せどりで 月々3万円の副収入を継続的に稼ぐ 方法

黒文字を並べてみると・・・・。

  • ブックオフ
  • 370円
  • ブックオフオンライン
  • 200円
  • Googleアドセンス
  • 3万円/月を稼いだ
  • メルカリ
  • 利益商品
  • 非公開
  • 月々3万円の副収入を継続的に稼ぐ
さときん
さときん

ん~、ブログでは読者の目にとまり読んで欲しいという理由で、普段よく使うキーワードです。

次に、生き残った記事をもう一度。

  • セット本せどり 初心者は【大口出品vs小口出品】おすすめ はどっち?
  • サイトマップ
  • セット本せどりで稼ぐために 超重要 な『仕入れ&かかり巻リスト』100選!

こちらも並べると・・・・。

  • セット本せどり
  • おすすめ
  • 超重要
さときん
さときん

何となく感じません?

生き残った記事の題名では、断定していないし数字も使っていない のです。

プラットフォーム(メルカリ、Googleアドセンス、ブックオフ、ブックオフオンライン)も名指ししてません。

稼ぐ系の言葉 も使っていません!

では、どのような題名にすればいいのでしょうか?おそらく、次でしょうね。

  • プラットフォームを断定しない
  • アイキャッチは自由
  • お金(万円)は使わない
  • 稼ぐという言葉も使わない

これでは正直、せどりで稼ぐ方法系はnoteで記事にするメリットがないかも・・・・。

公開停止になったその後の話

次に、note記事が公開停止になった後について少し触れておきますね。

記事データはどうなるの?

もしあなたが何時間もかけて書いたnote記事が公開停止になった場合、元のデータはいったいどうなると思います?

さときん
さときん

実は、残っている んですよ。

削除される?二度と見れない?実は私、そのことばかりが気になっていました(後でお伝えする売り上げは即諦め(笑))

以下をクリックしてみて下さい。下書きに戻っていますから。

データはどうなる?

公開停止なったこの段階で記事のコピーをとっていても間に合いますが、個人的にはおススメしません。

さときん
さときん

公開前にバックアップは必ずとっておいて下さい!

なぜなら、下書きに残された記事を編集しようとすると次のような文言が出てくるからです。

とにかくプレッシャーが凄い!正直『もう編集はやめておこう』という気持ちになりますよ。

結論

  • 強制的に公開停止された記事は、下書きに戻され編集も可能だが、再編集しようとするやる気はでない。

売上金はどうなる?

では最後に、noteで記事を書いている人たちが最も気になる『公開停止になった場合、今までの 売上金はどうなる 』について解説します。

さときん
さときん

まずは、次の売上管理画面を見て下さい!

売上管理画面は ⋙

今のところアカウントがBANされたわけではないので『 振込申請 』待ちの状態。つまり、没収はされていません(救われました)

ただ、あなたもnoteを利用し記事をUPしている(これからする)なら、いつ規約の変更があるかわかりませんよね?

さときん
さときん

つまり、プラットフォームをnoteに依存している以上、あなたの 売上金はnote側の手のひらにある ということです。

教訓としては、売上金は振込申請を早くすること!300円の振り込み手数料をケチって5万円を没収されたら意味ないですからね(笑)

結論

  • 売上金の没収はないが、いつnote側の規約変更があるかわからないので、振込申請はこまめにすること。

まとめ

せどりのヒント

note記事が公開後たった1日で強制削除(停止)され、さらには過去記事も公開停止になった理由は『 記事の題名 』が引き金です。

解決策としては、次のことを徹底することがおススメ!

  • プラットフォーム(メルカリ、アドセンス、YouTubeなど)を断定した言い回しにしない
  • 金額(〇万円)などを極力使用しない
  • 稼ぐ系の言葉を使わない
  • アイキャッチは自由

ただ、もし公開停止になったとしても『記事の元データ』は残り、『売上金』もそのままの可能性が高いです。

そして、最も大切なことは

  • 文章を使って情報発信をするならnoteではなく、独自ドメインを取得しWordPressでブログを使うこと。
さときん
さときん

最後までお読み頂きありがとうございます。

追伸

私は『一人でも多くの方が自分と同じ被害(削除や停止)にあわないようにするにはどうしたらいいのか?』について考え、この記事にまとめたわけです。

ただ、結論としては 自身の体験談を伝え検証すること しか私にはできませんでした。

もちろん今後、note側の規約が大幅に変わる可能性もあるでしょう。でも(私も含め)用心するにこしたことはありませんよね?

さときん
さときん

そこで最後までお付き合い頂いたあなたに 1つ お願いがあります。

それは、noteを利用する多くの方が『公開停止』を避けられるよう、この記事をご紹介頂きたいのです。

Twitterでもブログでも何でもOKなので、紹介してもいいなと感じたならシェア頂けると嬉しく思います。もちろんnoteでもOKですよ(笑)

さときん
さときん

ご協力よろしくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました