ブログのアクセスが増えない原因は『キーワード選定の勘違い』だった話 | さときんblog

ブログのアクセスが増えない原因は『キーワード選定の勘違い』だった話

キーワード選定,勘違い ブログ運営

本日は2年前の自分に教えてあげたい キーワード選定の間違い についてお伝えします。

この記事を読むと、私のように1年という貴重な時間を棒に振ることなく、爆発的にアクセスを増やすことができますよ。

そして、私と同じ目にあいたくない人は、ぜひ参考にしてみて下さい ^ ^

なお、私がブログを書くうえで2年以上勘違いをしていたのは次の 5つ ですが、この記事では『 キーワード選定の間違い 』について解説します

  1. キーワード選定の間違い
  2. ライバルサイトの研究
  3. 外注化の間違い
  4. リライトの間違い
  5. アフィリエイトの間違い

お宝キーワード 穴場キーワード の見つけ方も紹介していますので、楽しみにしていて下さい。

1日でも早く上位表示されやすいキーワードを知りたい人は、次の方法もありますよ ^ ^

キーワード選定の間違い

  • キーワード選定が大事!
  • キーワード選定が全て!
  • キーワード選定が重要!

上記の言葉を私は片時も忘れたことはありません。しかしながら、キーワードを 適当 に選んでしまっていました。

なお、私がこの1年で実践していたやり方は、2つ の無料ツール『 キーワードプランナー 』と『 goodkeyword 』を使用する方法です。

さときん
さときん

では、どのように 適当だった のかというと、それは以下の流れです。

まず、読者のためになると思う記事の柱となるキーワードを『goodkeyword』に入力し 関連キーワード を検索します。

続いて、出てきた関連キーワードをキーワードプランナーに全て貼り付け、検索数を確認し 需要が多いキーワード をタイトルと見出しを使う流れでした。

なんと 1年間 これだけしかしていませんでした

何がいけないの?との声も聞こえてきそうですが、実は、自分のブログの弱さを考えず検索数が多いキーワードばかり使っていた んです。

さときん
さときん

つまり、検索需要が多いのに記事数が少ない 穴場キーワードに目がいっていなかったのが失敗でした。

自分のブログの強さを考えたら、穴場を攻めないといけないのにね(笑)

そして1年後、このままではダメだ!とやっと気付き始め理解したのです。だからこそ、あなたは私の真似は絶対にしてはダメですよ。

とはいえ、私がやっていた方法はネットでも紹介されていますし、たまには googleに認められて上位表示されること もあるでしょう。

だから私は、間違いに気づいてからも心の中で反論していました。

  • 10記事 位は上位表示できている
  • 需要があるキーワードを探せば上位表示できる

もちろん、何も対策せずに記事を書き続けるよりもいいのですが、あと一歩が足りません。

さときん
さときん

だってせっかくブログをするなら 書いた記事が検索上位 に少しでも多く表示されたくないですか?

そして私は1記事でも多く上位表示されたかったので、ひと手間を加え始めたわけです。

ブログ活動は、読まれなかったら無駄な時間の消費 ですからね。ではそのひと手間とは、どのようなものなのかを紹介しましょう。

検索上位になりやすいキーワード選びとは?

検索されやすいキーワード

それは、検索需要が多いキーワード(2~3語)なのに、全ての単語がタイトルに入っていないもの をできるだけ投稿することです。

さときん
さときん

つまり、需要は多いキーワードなのに、肝心なタイトルで全て使われていないキーワードを投稿すること。

例えば、携帯料金,高い,理由がメインキーワードにも関わらず、タイトルにこの3つのキーワード全てが入っていないケースもあるのです。

もちろん検索需要が多いのに記事数が少ないキーワードを探せば最高ですが

せめて記事数は多くてもタイトルに全てのワードが使われていないものを選んで集中的に投稿していきましょう。

さときん
さときん

お宝キーワードや穴場キーワードを攻める と表現されるものですね。

ちなみに、偉そうに記事にしている私ですが、以前はどのような考え方をしていたと思います?

聞いて呆れますよ。

需要が多いキーワードさえ使っていれば、読まれる可能性が高くなる

つまり、自分のブログが弱小であることを忘れていた上に、ライバルサイトと自分のブログのパワーの差を埋める努力ができていなかった んです

悲しいかなライバルサイトの研究方法を間違っていた感じですね。

  • なぜ、自分が書いた記事は上位にならないのか?
  • なぜ、上位だったのに下がるのか?

その答えは 戦う場所を間違っていた のです。小学生の野球チームなのに、甲子園を目指していたわけです。

まずは小学生の大会で優勝をしないといけないのに、戦う場所を間違っていたのです。しかし、そうなってしまう原因もあるわけです。

さときん
さときん

私自身も1年間気が付かなかったように、初心者ブロガーが戦えるようなお宝キーワードの見つけ方がわからないのです。

せいぜい私がこの1年間やってきたような『goodkeyword』で関連キーワードを見つけ、キーワードプランナーで検索数を調べるくらいでしょう。

では、今現在私がお宝キーワードをどのように探しているかというと、以下の 4つ を使います。

  • 自分のブログの過去記事
  • キーワードプランナー
  • サーチコンソール
  • goodkeyword
さときん
さときん

今までとほぼ同じ ですね(笑)。私は 見るべきポイントを間違えていた わけです。

お宝キーワードの見つけ方【allintitle:検索】

allintitle,検索

まずはメインキーワードにしようと考えている言葉をまずは Googleで検索 します。

ハーゲンダッツ 高い 理由 』を例に見てみましょう。

すると、110000記事が選択肢に入ってきます。では次に以下のようにして検索し直してみてください!

allintitle:ハーゲンダッツ 高い 原因

すると、110000が 145 となりました。結果的に私は今までこの作業(allintitle:検索)が抜けていたんです。何の作業してるのかというと

調べたいキーワードの前に(allintitle:)をつけて検索し、全てのキーワードがタイトル内に入っている記事数の確認

つまり、闇雲に記事を投稿するよりもライバルが少ないキーワードを狙って、投稿していく方が上位表示される可能性が高くなるというわけです。

1つのキーワードずつ検索するのは確かに面倒くさい作業ですが、無駄にはなりません!

さときん
さときん

タイトルに採用されなかったキーワードは見出しで使えばいいんですよ

ちなみに私は、皆様よりブログに割く時間がないので、有料ツール を使っています。寝る前にキーワードを 200 程登録すると

翌朝には全てのキーワードで(allintitle:)の数値が出ています。そして、キーワードをピックアップして外注さんにお願いする感じですね。

まとめ

どうせブログ記事を書くなら少しでも効率的にアクセスUPを狙い書いていきたいですよね?

そんなとき、役立つ無料ツールは以下の 3つ 

  1. キーワードプランナー
  2. Goodkeyword
  3. allintitle:を使った検索

あなたが考えるメインキーワード(2語~3語)を全て網羅しているタイトルを付けているブログ記事が少なければチャンスが広がります。

さときん
さときん

くどいですが、私がこの事実を知ったのはブログを始めて2年、アドセンスを始めて1年、投稿記事も 300 を超えてからでした。

私のような時間的なロスを皆さんに味わって欲しくないと思い本日は記事にしてみました。

なお、次回は本日お伝えしたお宝キーワードの探し方をブログのリライトに採用する方法をまとめていきますね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

本記事の内容が少しでもあなたのお役に立てたなら、コメントやシェアして頂けると嬉しいです。

コメント

本せどりでサクッと1万円稼いでみる