自律神経失調症を自力で治すには季節の変わり目対策は必須です!

自律神経失調症対策 自律神経
さときん
さときん

こんにちは~、さときんです。

寒くなってきましたね。学級閉鎖なんて声もチラホラと。

やはり風邪を引くのは大抵冬ですよね。もちろん他の季節でも風邪を引くことはありますが、やはり冬が圧倒的に多いです。

そして、思うのが 季節の変わり目と自律神経の関係 って何かあるのか?ってこと。そこで先生に思い切って聞いてみました。

自律神経失調症の治し方!自力でできる対策とは?

さときん
さときん

先生、自律神経失調症と季節の関係性って何かあるのでしょうか?

解説します。

「寒い~(交感神経)」 「暑い…(副交感神経)」

自律神経は、交感神経と副交感神経からなりたっており、交感神経は活動的に、副交感神経はリラックスするために働きます。

外気温が下がり体が何もしないでおくと、体温まで下がってしまうので、交感神経を優位にして体温を維持しなければなりません。

夏の場合は逆で、体に熱がたまらないようにする必要があります。つまり、熱の発生をできるだけ抑える、副交感神経の働きが必要 です。

交感神経/副交感神経の切り替えは、スイッチの様に意識的にはできません。その切り替えが上手くいかないと、外気温などの環境の変化についていけず、体調不良になる…という訳です。

こういった季節の変わり目には、体が外気温に慣れるまで労る必要があります。

自律神経と不安定な天気

さときん
さときん

じゃあ夏冬以外は大丈夫?

上の説明を読むと、そう感じるかもしれません。

実は…春先~も要警戒なんです。

少しずつ暖かくなる春なら、比較的問題ない気もしますが、春先は天候が不安定になりやすい。
「暖かくなってきた~」と思ったら真冬の様な天気に逆戻り…なんてこともあります。

天候が不安定だと、やはり自律神経のバランスも崩れやすく、体調に影響してしまう。

ましてや は、様々なことが変わる季節。心理的な負担も大きくなりがち、天候の不安定さも相まってストレスもたまりやすいのです。

自律神経失調症の季節の変わり目対策

天候に関しては、最近の天気予報はかなり優秀で、数日~一週間くらいなら、かなり精度の高い予報を見られます。天候が崩れやすい、気温が大きく動く日…その日に合わせて服を準備したり、行動の計画を立てましょう。

そういった、準備をするだけでも心理的余裕ができ、自律神経も安定しやすいものです。

春の環境変化の不安は、考えない様に…といってもそれは難しい。環境変化は、自分でコントロールできる部分は少ないはずです。

じゃあ、いつも通り生活するのが最善、といえるでしょう。

出来る準備はして、あとは天に任せる…
開き直るのも、時には大切です。

自律神経は自分でコントロールできません。

しかし、自律神経が働きやすい環境を整えることは可能です。自律神経が上手く働けば、それは自分の体調として返ってきます。

自律神経を調えるのは自分自身のためです。忘れないでくださいね。

さときん
さときん

先生ありがとうございます。よくわかりました。1点だけ質問させて下さい。

いいよ。何でも聞いて!

さときん
さときん

やっぱり、体は冷やさない方がいいでしょうか?ついつい肩が凝るので冬場なのに薄着をしてしまうんです。

なるほど。自律神経と体温の問題だね。それは重要だから次回しっかりと説明しよう。

さときん
さときん

よろしくお願いします。何となく体温調整がうまくいってないような気がするんです。

了解!任せて。今日は睡眠をしっかりとってね。

 

コメント